きづきの占いサロン.GIF QUTYJOY.jpg

2011年05月22日

四柱推命の話

いつも鑑定場所に多くのご相談者様がお見えになり、順番をお待ち下さっていることに心よりお礼を申し上げます。6月も福島の鑑定場所では第一、第二火曜日16時から行います。順番を待つのが苦手な方、プライベートなご相談を希望の方は、枚方市にある占いルームグラスハープの個人鑑定をおすすめいたします。


個人のパーソナルな運気を見るのに適した鑑定が四柱推命です、と申し上げましたが、四柱推命でのあたる確立は大体80%ぐらいだと思っていてください。100%占いが当たってしまえば人は定められた星の通りにしか生きられないことになってしまいます。残り20%に変えていける可能性があるのです。

四柱推命の基礎になる、陰陽五行説(木 火 土 金 水の陰と陽)は全てのものを生かしてその中から変化する姿を学ぼうとする東洋的科学ですから、ある意味統計学とは違う科学の方式を使って運勢を考えていく技術だとおもってください。

東洋医学の考えにも人の体の中にも五行があります。例えば夏になると、夏は火の季節、大気中に火のエネルギーが強い影響を占めています。すると金気や水気の弱い生年月日の星の人にとっては、それが心や身体に影響しやすく火に剋される現象として現れます。

人は生年月日の星の中で、木 火 金 土 水の五行のどれかに所属します。例えば木の星に所属する人は、人を喜ばせ、人の役にたちたいと言う仁の気質を大切に思っています。火に生まれた方は人が人に対して長幼の順や礼節を重んじる事を大切にする傾向にあり、土の星に生まれた人は姿形をかえず、信頼と正直をモットーとし、金は義の星、プライドと意地を重んじます。そして水の星は智、賢さを大切とし得意としています。

人が幸せに世の中で生きていくにはどうしたらよいか・・それはそれどれがその星の一番役に立つ姿になっていけば、自然と運勢は開き大切にされ金運や結婚を呼ぶことができます。
例えば木の人なら、人を癒やし喜ばせる姿になることが一番ですし、そのように人の役にたつ姿になることが社会から必要とされ自分らしく生きていきやすいということになるのです。
実際に私のご相談者で木の人で美容師、エステシャン、鍼灸師、調理師など木の職業について活躍なさっているかたが大勢いてます。

生年月日の中には個性が偏って同じ星ばかりの人もいてますが、でもじつはその無いものも見ていきます。たとえば生年月日の星のなかに自分や家族の星ばかりあって、恋愛を呼ぶ星がなくても恋愛できないとは限りません。その可能性を引き出して、大きく膨らませてやれば十分恋愛もできるし、結婚相手にも出会えます。

また四柱推命の言葉とおり、推命という言葉にもメッセージが含まれています。断命ではありません。ですから運命は定まっていて変えることができないものでなく、推察、推理していく智慧だとお考え下さい。

運命というのは、自分自身が運勢を運ぶ自分のこころです。こころを持ち替えることにより運勢は変えられる、その可能性を持っています。
posted by 貴月紅妃 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 占いに関するお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

朝の開運法

朝は一日の始まりの時間。この時間をどう過ごすかでその日の運勢が変わってきます。とくにこの春社会人として、新しい環境、新しい人たちと過ごす方にとっては、目が覚めてから身体が動き出す時間は大切なものです。メンタルを整え今日一日を有意義に過ごすための朝の開運法をお伝えいたしましょう。

朝目が覚めたら、ぐずぐずしないてお布団から抜け出し、窓を開け東の方角に向かって深い呼吸をしましょう。このとき意識は全身に太陽のオーラをまとうような気持ちで、肺をいっぱいに広げます。眉間の間にある第3の目にも意識をし、新しい空気を身体全身で感じることが大切です。そしてキチンと朝食を取ります。朝の気は五行でいえば木気にあたります。木の星がエネルギーを占めていますので、野菜やフルーツ、お米や小麦、またアロマの香り豊かなコーヒーが直感力を与えてくれますので、木の星に関わるフレッシュな食物を身体に与えてあげましょう。

また『朝、良い音楽を聴くとその日一日がhappyに過ごせる』ことを
実行してみませんか。音楽というのは聴覚だけで楽しむものではなく音霊として身体に流れるものです。ご自身が耳に心地よく、身体に感じよく入る音楽をチョイスして、自分専用の朝用ベストソングを作って見ることもいいと思います。気持ちを上げてくれる曲、清々しい気分にさせてくれる曲など自分に対する応援ソングをリストアップして、職場に向かう数時間に活用する・・。きっと差が出てくると思いますよ。

最近は朝活と言って、朝の時間を大切に活動する人が増えていると聞きました。
確かに農耕民族だった日本人にとって太陽の恵みを受ける朝は陽の気が始まる貴重な時。時代は変わったと言えど、いつだって新しいはじまりの朝は有意義に使いたいものです。

また朝はインスピレーションの降りやすい時でもあります。目が覚めたとき今日はこれっと感じたものはしっかりと受け取って下さいね。

ちなみに洋服やネクタイを決めるときの色でのパワーを書いておきました。参考にして下さい。


ブルー系   誠実さと冷静を呼ぶ。自信が不足気味な時のサポート。        
レッド系   情熱や表現力を強め自発力を強める。
ベージュ系  安定性と堅実、モラルをあたえる。
ブラック系  冷静さとプライド、精神的安定を強める。  
グレー系   指導力や直観力、物事の完成に力を与える。
グリーン系  発展、活動力、想像力を高める。
コーラル系  コミニケーション、人見知りを防ぐ。
ブラウン系  人への気遣い、堅実な成長。
ゴールド系  カリスマ性、外交的、指導力。
ピンク系   リラックス、社交性、ロマンス強める。
posted by 貴月紅妃 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 占いに関するお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

オーダーメイドの占い 四柱推命

20110414153423.jpg私が得意とする占術 四柱推命は個人のパーソナルな運気を読むのに非常に適した占いです。その方個人の価値観や能力、ツイツイしてしまう癖、悪いほうに曲がっていく心の使い方、そして悪い運がきたときどういう作用でやってくるのか、また良い運がきているのなら、どういう使い方で更に運勢を向上していくのか。。。その方その方によって環境も違えばルーツも違って来るのですから、たとえ生年月日が同じでも占いの読み方は違ってきます。まさにオーダーメイドの占いになるわけです。
なるべく若いうちから自分の持って生まれた星の個性を知り、ツイツイしてしまう悪神の誘いに乗らないようにしていくことが大切で、そういう意味で幼いころの環境は本人に非常に大きな影響を与えていくと思います。占いというと恋愛や相性を想像しがちですが、先ほどもお伝えしましたように個人のパーソナルを知るという意味から子育てなどでも役立てている方も多くいらっしゃいます。
もちろん自分で自分の立ち位置を見失ってしまい方向性がわからないかたもお見えになりますよ。

ご相談に来られた方には、生年月日の中で見えている姿良いことも悪いことも踏まえてお伝えし、過去から来たものから未来に向かう方向性、そしてどうしたら良くなっていくのかの対応策を一緒に考えていきます。自分の人生の先を知ることはその決められた星のとおりを歩むのかと思うと納得のいかない方も居られるとは思いますが、そうではなく対処の仕方がより早くわかるととられ、自分で自分の運勢が作っていける占術とご理解ください。

私も最近になって、歌の歌い方ひとつでも、癖の偏りでゆがんでしまったことに気がつきました。教えて頂かないとなかなか分からないものです。

四柱推命も自分の運勢が大きく偏りゆがんでしまわないための知恵として活用ください。
posted by 貴月紅妃 at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 占いに関するお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

占い師になるには…

占いをしていますと、ご相談者からよく聞かれる質問が2つあります。
一つは『どうやったら占い師になれるのですか?』あともう一つは『先生が占い師になったきっかけは何だったのですか?』大体この2つの質問はセットになっています。


なので今日はこの内の一つ、占い師になる方法お話しましょう。
(私のきっかけの話はまた機会があれば…と言うことで)


〜占い師になるには〜
簡単に言うと
@占いの専門学校に通い指導を受ける。

A占いの先生に付いて学んでいく。

B独学や通信教育などて学ぶ。


続きを読む
posted by 貴月紅妃 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 占いに関するお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
イベント出演や、枚方の占いルームにつきましても 下記アドレスやお電話にてお問い合わせ下さい
メール予約 uranai-kizuki@docomo.ne.jp 09049090769
迷惑メール大量受信のためアドレスが替わっております。
尚、新アドレスへの迷惑メール防止策も取っておりますので、お手数ですが・・・の部分を削って送信お願い致します
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。