きづきの占いサロン.GIF QUTYJOY.jpg

2014年07月16日

物を捨てるときの礼儀 2

大切に使っていたものを捨てる時

皆さんはどんな心境になりますか。



私は長年鑑定に使っていたミッキーマウス柄の

カラカラカートバックを廃棄する時

『ありがとう。お疲れ様』を言って

お別れしました。

最近では携帯を買い換えたときに

同じ様に言って古い携帯を処分しました。



人間の言葉には魂が宿っています。

それを言霊と言います。

言霊の力って遠くまで届く

通力があることを知っていますか。



思いのこもった、愛着のあるものでも

時が立つと、だんだん古くなり傷んできたり

やがてあきて来たりもして(苦笑)捨ててしまうなんてこと

ありますよね。





廃棄すると決まったものに、その2日前〜1週間ぐらい前に

供養の意味を込めてお塩を用意し

その物をお塩で清めます。



お人形などは小さな杯のような器にお水、

そしてお塩を盛ります。



お財布やかばんなどの小物はお塩を置いて清めたり、

陶器などは塩水を含んだタオルなどで拭いて清めたり



物に対して清めると言う、少しひと手間かけて労います。



そして最後に言霊の力で

『いついつに処分します。これまでお疲れ様でした』とか

『○月○日に廃棄します。ありがとう』でもけっこうですし

『○日に処分します。どうぞ気持ちをお去りください』でも

そのものに対する思いの言葉でけっこうです。



人間の言葉で理(ことわり)を通すことが

じつは見えない世界でも

礼節として通ること。



後は地域自治体に従ってごみの分別をして出して下さいね(笑い)



見えない世界の事など、ただの気持ちの問題だと思われるかも知れません

でも礼儀を通しておけば

後々後悔しなくて済むかもしれませんよ。

posted by 貴月紅妃 at 14:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 貴月紅妃のパンドラの箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

  そうなんですね〜

  言霊は 信じてましたが

  通力が あるのは しりませんでした・・・

  よく使ってた物は  塩をかけて 今までありがとう

  と処分してましたが  

  その日だったので これからは 早めに しますね

  ありがとうございます♪
Posted by オリーブ at 2014年07月16日 22:00
読んで下さってありがとう。

参考にして下さいね。
Posted by きづき at 2014年07月16日 22:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/401885554

この記事へのトラックバック
イベント出演や、枚方の占いルームにつきましても 下記アドレスやお電話にてお問い合わせ下さい
メール予約 uranai-kizuki@docomo.ne.jp 09049090769
迷惑メール大量受信のためアドレスが替わっております。
尚、新アドレスへの迷惑メール防止策も取っておりますので、お手数ですが・・・の部分を削って送信お願い致します
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。